$BITと$USDTがもらえるイベントの詳細はこちら!

Bybit(バイビット)の出金方法【出金できない原因と対処法も解説】

8 min

bybitで仮想通貨の取引をした後、必要な作業があります。それが仮想通貨を引き出す「出金」です。

ですが、仮想通貨の取引ですし、bybitは海外の取引所なので「出金の方法がよくわからない」という方も多くいらっしゃいます。

そこでここでは、

  • bybitで仮想通貨を引き出せる条件や基礎知識
  • 出金する方法・出金できない時の対処法
  • 出金時に注意しておきたいポイント

について、私の経験を基に備忘録的に解説します。

なお、本記事はbybitですでに口座開設が完了している人に向けて執筆しています。まだ口座開設が済んでいない方は、こちらから口座開設を済ませておくとスムーズです。

bybit(バイビット)の出金条件や基礎知識

bybitでは、以下の条件で仮想通貨を引き出すことができます。

その他、おさえておきたい基礎知識なども合わせて、ここではbybitの基礎知識や仮想通貨の引き出し方について確認していきましょう。

出金可能な銘柄

bybitでは、以下の5銘柄で出金可能です。

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • EOS
  • USTD

おおむね有名どころの仮想通貨の銘柄はおさえていると言えるでしょう。国外で人気の仮想通貨にも対応しているので、利便性はかなり高いと言えます。

出金手数料

出金手数料は無料です。しかし、送金するときに「マイニング手数料」がかかるため、これが実質的な手数料となります。

マイニングとは、いわば「取引データを承認する作業」のことで、承認作業を行った人(マイナー)には報酬が支払われます。これがマイニング手数料です。

なお、銘柄ごとの手数料は以下の通りです。

銘柄手数料
BTC0.0005BTC
ETH0.01ETH
XRP0.25XRP
EOS0.1EOS
USDT10USDT

銘柄によって手数料が異なるので、手数料が安い銘柄で出金したほうがお得です。

出金可能額

出金可能額は仮想通貨の銘柄により異なりますが、基本的には以下の金額がそれぞれの可能額となります。最低金額と上限金額についてそれぞれ掲載しておきますので、確認してください。

銘柄最低出金額出金上限額
BTC0.001BTC500BTC
ETH0.02ETH10,000ETH
XRP20XRP2,000,000XRP
EOS0.2EOS1,000,000EOS
USDT10USDT1,000,000USDT

出金時間

出金リクエストの確認・処理が行われるのは1日に3回、以下の時刻です。

世界標準時8:00、16:00、24:00
日本時間9:00、17:00、1:00

時間についてはいくつか注意しておきたいポイントがありますので、追加で解説しておきます。

出金リクエストの締切は、上記の時刻の30分前までとなります。必ずしも「リクエストしてすぐに仮想通貨が引き出せる」というわけではありませんので、注意しましょう。

たとえば8:30までに提出した出金リクエストは9:00、8:30以降に提出した場合は17:00に処理される、といったイメージです。

リクエストを提出するタイミングによっては、反映されるまで長時間待つことになります。急ぐ場合は提出時間を調整しましょう。

2段階認証が必要

出金するには、アカウントの「2段階認証」をあらかじめ設定しておく必要があります。

2段階認証はbybitの高いセキュリティ性能の証拠でもありますが、安全に仮想通貨を取引するためにも必ず設定しましょう。設定が必要なのは、以下の2つです。

  1. Eメール認証
  2. Google認証

口座開設時に2段階認証を設定していない人は事前に設定しておきましょう。設定方法は以下の記事で解説しています。

注意点

XRP、EOSで出金する場合には出金タグ・出金メモの入力が必要です。

  • XRP:出金タグ
  • EOS:出金メモ

出金タグや出金メモは「ユーザーを識別する目印」になるものだと考えるとわかりやすいでしょう。

bybitでは手作業で出金処理が行われています。そのため、タグ・メモの記載漏れがあると速やかにユーザーを特定できず、通常よりも時間がかかってしまう可能性があります。

必ずタグ・メモを入力してリクエストを送るようにしましょう。

bybit(バイビット)の出金方法

ここからは、bybitで出金する方法について、ステップバイステップで解説していきます。

bybitですでに口座開設や取引が始まっている人に向けた内容となります。まだ口座開設がお済みでない方はbybit公式サイトから、口座開設を済ませておきましょう。bybit公式サイトはこちらです。

【準備】出金先のアドレス登録

まず、出金先アドレスを登録しましょう。

出金先アドレスを間違えて登録してしまうと仮想通貨を失うことになるので、入力内容に誤りがないかどうかをしっかり確認してください。

  1. STEP

    公式サイトにログイン・個人資産画面を開く

    まずはbybit公式サイトにログインしましょう。

    トップ画面右上に表示されている登録メールアドレス(または携帯電話番号)をクリックし、メニューから「個人資産」を選択します。

    bybit公式サイトトップページの画像
  2. STEP

    出金画面を開く

    画面左側にある「出金」ボタンをクリックすると、出金画面が開きます。オレンジ色で書かれた「ウォレットアドレスを追加する」をクリックしましょう。

    bybitのウォレットアドレス追加方法の解説画像
  3. STEP

    ウォレットアドレスを追加する

    画面右側の「追加」をクリックし、ウォレットアドレスとアドレス名を入力しましょう。

    bybitのウォレットアドレス追加方法の解説画像

    間違いがないことを確認したら「確定」をクリックします。これでウォレットアドレスが登録できました。

【4ステップ】出金手順

実際にbybitから出金する手順について、4つのステップで解説します。

時系列に沿ってステップごとに解説しますので、画像をよく見て進めると安心です。

  1. STEP

    出金画面を開く

    トップ画面右上に表示されている登録メールアドレス(または携帯電話番号)をクリックし、メニューから「個人資産」を選択します。

    bybit公式サイトトップページの画像
  2. STEP

    出金内容を入力する

    続いて、画面左側の「出金」をクリックすると出金画面が開きます。

    出金したい通貨・数量を入力しましょう。入力できたら「提出」ボタンをクリックします。

    bybitの出金方法の解説画像

    XRPの場合は出金タグ、EOSの場合は出金メモも忘れずに入力してください。

    bybitの出金方法の解説画像
  3. STEP

    2段階認証コードを入力する

    スマホで2段階認証ツール「Google Authenticator」を開き、画面に表示されている認証コードを入力します。

    bybitの出金方法の解説画像
  4. STEP

    bybitから届くメールを確認する

    出金リクエストに関する詳細が記載されたメールが登録アドレス宛に届きます。

    本文中の認証リンクをクリックして出金手続きを完了させましょう。

    bybitの出金確認メールの画像

    メールに記載されているリンクの有効期限は30分間となります。30分を超過すると出金リクエストがキャンセルされてしまいます。

bybit(バイビット)の出金履歴の確認方法

bybitで出金履歴を確認する方法について解説します。

出金履歴を確認するには、以下のステップを踏みましょう。

  1. STEP

    個人資産画面を開く

    トップ画面右上に表示されている登録メールアドレス(または携帯電話番号)をクリックし、「個人資産」を選択します。

    bybit公式サイトトップページの画像
  2. STEP

    デリバティブアカウントをクリックする

    「デリバティブアカウント」の「履歴」をクリックします。

    bybitの出金履歴を確認する方法の解説画像
  3. STEP

    出金履歴を表示する

    「出金」タブを選択すると出金履歴が表示されます。

    仮想通貨の種類や出金状況から絞り込みを行うことも可能です。

    bybitの出金履歴を確認する方法の解説画像

なお、出金状況を示す「状態」欄の意味は以下のとおりです。

状態欄の表示意味
Eメール確認が保留中出金確認メールを確認しリンクをクリックする必要がある
検証が保留中出金申請済み、bybit側の出金処理待ち
送金が保留中ブロックチェーンへの送信が保留状態
送金完了出金成功、完了
確認Eメールが期限切れ出金確認メールの期限切れ
拒否済みbybit側で出金リクエストが拒否された
キャンセル済みユーザー側で出金リクエストをキャンセル

bybit(バイビット)から出金できない原因と対処法

bybitは日本国内ではあまり情報が多くなく、何かトラブルがあった時にパニックに陥ってしまいがちです。

そして、仮想通貨取引所の取引で起こりうるトラブルで一番困るものといえば、出金できない現象です。

ここでは、bybitから出金できない時にどのような原因が考えられるか・どのような対処ができるかについて解説していきます。出金できない時には、まずこちらを確認してみましょう。

出金制限されている

以下のことを行った場合、セキュリティ上の理由により出金制限がかかります。

  • アカウントパスワードの変更またはリセット
  • ユーザーによるGoogle認証システムの削除
  • 登録されている携帯電話番号の変更

【対処法】
出金制限は24時間で解除になるので、それまで待つほかありません。セキュリティが高いことによるものなので、ある意味では安心ですが…制限の解除まで大人しく待ちましょう。

出金確認メールに記載されているURLをクリックしていない

bybitでは出金を行う際、確認メールが届きます。セキュリティの観点から、確認メールのURLをクリックしないと出金処理が行われません。

この確認メールを見落としていてURLがクリックされていないことによって、出金できないというケースがあります。

【対処法】
bybitから届いた出金確認メールを確認し、本文中に記載されているURLをクリックしましょう。

出金確認メールが届いていない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 迷惑メールフォルダに入っている
  • 受信フォルダの空き容量不足

特に日本のキャリアメール(携帯メールアドレス)をメールアドレスに設定していると、メールの不達がよく起こります。口座登録時はPCメールアドレスを使うようにしておくと良いでしょう。

出金確認メールの有効期限が過ぎている

出金確認メールを見つけてURLをクリックしたものの、エラー画面になってしまったというケースも考えられます。この場合は有効期限が過ぎてしまっている可能性があります。

というのも、bybitからのメールに記載されているリンクの有効期限は出金リクエストから30分間です。30分を過ぎると出金リクエストは自動的にキャンセルされてしまいます。

【対処法】
期限切れになっている場合はあらためて出金リクエストを提出しましょう。再提出後は30分以内にリンクをクリックする必要があります。

出金処理が行われる時刻になっていない

冒頭で触れたとおり、bybitで出金処理が行われるのは1日3回(日本時間の9:00、17:00、1:00)となっています。

各時間の30分前までに提出された出金リクエストが処理されるので、覚えておきましょう。

たとえば9:00のタイミングで出金したいと思っても、8:31に出金リクエストを提出した場合は締切が過ぎているので、17:00の出金処理まで待たなくてはなりません。

【対処法】
出金処理が行われる時刻の30分前までに出金リクエストを提出できるように、時間に余裕を持って出金をしましょう。

出金先のアドレスを間違えている

出金先アドレスに誤りがあると、間違ったアドレス宛に仮想通貨が送金されてしまいます。

出金履歴ステータスが「送金完了」の場合は、資金はすでに送金済みです。要するに仮想通貨を失ってしまったということを意味します。

【対処法】
日本国内で銀行振込の相手を間違えた時と同様、出金先アドレスの誤入力は完全にユーザーの不手際なので仮想通貨が戻ってくる可能性は低いと言えます。

その場合は、念のためbybitのカスタマーサポートに相談してみましょう。

出金タグ・メモの入力漏れまたは入力ミス

XRPの場合は出金タグ、EOSの場合は出金メモの入力が必要です。

タグ・メモはユーザーを特定するための目印のようなものです。出金先ウォレットや取引所によっては入力不要とされているケースもありますが、その確認はユーザーが各自で行わなくてはなりません。

なお、タグを入力せずに出金されなかった場合は自己責任となります。入力ミスがある場合も同様です。

【対処法】
資金を失う可能性が高いと言えますが、まずはカスタマーサポートに相談してみましょう。

偽サイトで出金リクエストしてしまった

近頃、bybitそっくりに作られた偽サイトが多数存在します。

多くはアフィリエイト報酬目的ですが、その中にはもっと悪質で、個人情報や様々な機密情報を狙った「フィッシング詐欺」目的で作られたサイトが潜んでいる可能性があります。

また、そもそも偽サイトで口座開設している場合は出金できません。

【対処法】
偽サイトに個人情報を入力してしまうと、情報を悪用されたり資金を盗まれたりするおそれがあるので注意が必要です。

騙されないためには、必ず公式サイトで口座開設をすることが重要です。以下のボタンから公式サイトにお進みいただけます。

bybit(バイビット)の出金に関する疑問への回答

bybitの出金に関して、実際に取引していると出てくる疑問をいくつかまとめました。

その他、相談をいただくことが多い様々な疑問への回答もここにまとめておきましたので、確認してみてください。

bybitの出金が遅いのはなぜですか?

A「ブロックチェーンネットワーク」の確認が済んでいないのかもしれません。

bybitの出金スピードは決して遅いわけではありません。しかし、そのわりには「出金が遅い!」と感じてしまうこともあるでしょう。

出金履歴では「送金完了」になっているのにまだ反映されていない…という場合には、ブロックチェーンネットワークの確認に時間がかかっている可能性があります。

一般的に、仮想通貨の出金リクエストは、以下の流れで処理が実行されます。

  1. 取引所での出金処理
  2. ブロックチェーンネットワークの確認
  3. 対応プラットフォームへの送金

出金履歴の「送金完了」はあくまでもbybitでの出金処理が終わった段階ですので、その後の処理で時間がかかるとそれだけ到着も遅くなってしまうわけです。

この場合、bybitもユーザーも、双方できることは何もないため、処理が終わるまで待つしかありません。

ただし、多くの場合は単純に処理待ちの時間が発生しているだけなので、特に心配するような案件ではないでしょう。

日本円で銀行へ送金することはできますか?

A結論ですが、不可能です。

bybitは日本円を含む法定通貨の出金には対応していません。

では、どのようにして仮想通貨を法定通貨にすれば良いのでしょうか?

日本円を出金するには、国内の仮想通貨取引所を経由する必要があります。具体的な流れとしては、以下のようになります。

  1. bybitから国内取引所へ仮想通貨を送金
  2. 国内取引所から日本円を出金
  3. 銀行口座へ日本円で振り込み

操作自体はそれほど難しくありませんが、経由する取引所によっては出金手数料が発生するため、その分コストがかかることになります。

土日祝日も含め、毎日出金可能ですか?

A毎日出金可能です。

bybit以外にも仮想通貨取引全般に言えることですが、仮想通貨の場合は「金融機関を経由しての送金作業」ではないので、土日やGWのような祝日・連休時も含めて24時間いつでも出金できます

ただし、上述のように別の取引所経由で出金する場合は経由する取引所の出金ルールが適用されることになります。土日祝日の出金に対応していない取引所もあるので確認しておきましょう。

出金申請はキャンセルできますか?

A出金処理が行われる時刻(日本時間の9:00、17:00、1:00)の前であればキャンセル可能です。

ちなみに、出金リクエスト提出後に届く出金確認メールに記載されているリンクをクリックせずそのままにしていれば、30分経つと自動的にキャンセルされます。

また、出金履歴を開いて「キャンセル」をクリックする方法もあります。

出金時にメールは来ますか?

A出金リクエストを提出した後、bybitからメールが届きます

ただし、この時に届くメールは「出金リクエストが提出された」という旨の通知および出金リクエストを完了させるためのURLが記載されたメールですので、クリックしてリクエストを確定する必要があります。

あくまでも「リクエストが提出された」という通知であり「出金されましたよ」ということを知らせるものではない点に、注意しておきましょう。

出金時に税金はかかりますか?

A出金時に税金はかかりません

納税が必要になるのは、毎年の確定申告のタイミングです。一般的な給与所得者の場合、「bybitの取引で得た利益額+給与所得以外の収入が20万円以上」になった場合は課税対象です。

詳しくは国税庁HPで確認しておきましょう。

まとめ

bybitでは、以下の5銘柄で出金が可能です。

  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • USDT

出金時にはセキュリティの兼ね合いで行っておくべき操作もありますので、今回の記事でしっかり確認しておきましょう。

また、場合によっては出金を確認できるまでにタイムラグが発生することがあります。リクエストの提出時間も含めて、こちらも本記事でタイミングをおさえておきましょう。

その他、様々な疑問についてもご紹介してきましたが、この他にもbybitに関してわからないことや知りたいことがまだあるという方も多いかと思います。

しかし残念ながら、国外の仮想通貨取引所に関しては、日本のブログで情報を網羅しているところがあまり多くありません。

最新の情報を得るなら海外の情報を収集する必要がありますが、その他にもできることがあります。

それは、実際にbybitを使って仮想通貨取引をしている人から情報を得ることです。

ということでこのブログをブックマークしておきましょう。

関連記事