$BITと$USDTがもらえるイベントの詳細はこちら!

Bybit(バイビット)のレバレッジの設定方法【他社との比較結果も公開】

7 min

bybitでは仮想通貨取引で最大100倍のレバレッジをかけられます。

これは国内業者(上限2倍)とは比較にならないほどの高い倍率。

ハイレバレッジであれば大きな利益を追求することができるので、その点でもbybitはおすすめです。

とはいえ

  • レバレッジとは何か?
  • 証拠金の計算方法は?
  • 追証のリスクは?

など疑問や不安をお持ちの方もいるかと思います。

そこで今回は「bybitのレバレッジに関する基礎知識から他の仮想通貨取引所との最大レバレッジ比較まで」詳しく紹介します。

bybitの最大100倍のレバレッジ取引はかなり魅力的です。日本語サポートも充実しているので、ほとんど国内業者と変わらない感覚で取引ができます。この機会にbybitの口座も登録しておきましょう。

bybit(バイビット)のレバレッジに関する基礎知識

bybitではレバレッジ取引ができます。レバレッジの基本を押さえることで利益を最大化し、リスクコントロールも可能です。

レバレッジとは?

レバレッジは英語で「てこの原理」の意で、bybitのような仮想通貨取引では、元手(証拠金)をもとに、大きな金額を動かす取引を指します。

レバレッジも同様に、証拠金を担保として預けることで自己資本の数倍~数十倍の金額で取引が可能です。

具体的には以下のような取引が出来ます。

例:自己資金1万円の場合
  • レバレッジ10倍:10万円分まで取引可能
  • レバレッジ100倍:100万円分まで取引可能

レバレッジを利用するには、最初に証拠金を預ける必要があります。

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットは以下の3つです。

  • 低資金から大きな利益が狙える
  • 効率的な投資取引が可能
  • 仮想通貨との相性が良い

特に相場変動が大きい仮想通貨の場合、レバレッジ取引で従来より大きな利益が狙えます。

レバレッジ取引のデメリット

一方でレバレッジ取引には以下のデメリットもあります。

  • 損失が大きくなるリスク
  • 強制ロスカットのリスク

さらに保有しているポジションの強制決済+証拠金でも損失が補いきれない場合は追証(追加入金をする必要がある)のリスクもあります。

これがレバレッジ取引最大のデメリットです。

とはいえ、bybitの場合はゼロカットシステムを採用しているので追証は不要で安心して取引できます。

よってbybitを利用すると、レバレッジ取引のデメリットが1つ消えます。

必要な証拠金とは?

証拠金がなければレバレッジ取引はできません。

証拠金とは

レバレッジ取引を行うため、口座に預ける資金。

bybitには必要証拠金と維持証拠金の2種類ありますので、一つずつ解説していきます。

必要証拠金

必要証拠金は、レバレッジ取引でポジションを持つために必要な証拠金です。

保有したい通貨数量と金額、レバレッジ倍率をもとに計算します。

必要証拠金
  • USDT無期限:参入価格×契約サイズ÷レバレッジ倍数
  • インバース無期限:契約数量÷注文価格×レバレッジ倍数

例えば、「1BTCの価格が200万円で、1BTCをレバレッジ20倍で保有したい場合」の計算は以下のとおりです。

200万円(参入価格)×1(契約サイズ)÷20(レバレッジ倍数)

よって、証拠金は10万円となります。

維持証拠金

維持証拠金はレバレッジ取引でのポジションを保持するために最低限必要な金額となります。

維持証拠金は、ポジションの維持証拠金率から算出します。

維持証拠金
  • USDT無期限:維持証拠金率×注文価格
  • インバース無期限:契約数量÷注文価格×維持証拠金率

例えば、「1BTCが40,000USDTで、1BTCをレバレッジ20倍で保有したい場合」の計算は以下のとおりです。

0.5%(維持証拠金)×40,000USDT(注文価格)=200USDT(維持証拠金)

注文価格(ポジション価格)=契約サイズ×参入価格

なお、この維持証拠金を割り込むと強制ロスカットとなります。

USDT無期限契約の場合は維持証拠金率が以下の表のとおり段階別に設定されています。

段階契約価額(USDT)維持証拠金率維持証拠金率必要証拠金率最大レバレッジ
11,000,0000.50%1.00%100
22,000,0001.00%1.50%66.67
33,000,0001.50%2.00%50
44,000,0002.00%2.50%40
55,000,0002.50%3.00%33.33
66,000,0003.00%3.50%28.57
77,000,0003.50%4.00%25
88,000,0004.00%4.50%22.22
99,000,0004.50%5.00%20
1010,000,0005.00%5.50%18.18

インバース無期限契約の維持証拠金率は以下のとおりです。

通貨ペア維持証拠金率
BTCUSD0.5%
ETHUSD
EOSUSD
XRPUSD
1%

bybitの最大レバレッジは?

【USDT無期限】

通貨ペア最大レベレッジ
BTCUSDT100倍
ETHUSDT50倍
BCHUSDT50倍
LINKUSDT25倍
LTCUSDT50倍
XTZUSDT25倍
ADAUSDT25倍
DOTUSDT25倍
UNIUSDT25倍

【インバース無期限】

通貨ペア最大レバレッジ
BTCUSD100倍
ETHUSD50倍
EOSUSD50倍
XRPUSD50倍

上記のとおり、bybitの最大レバレッジは100倍(※BTCの絡む取引のみ)です。

他の仮想通貨も25~50倍の範囲でレバレッジ取引が可能です。

国内の業者は法律の関係でレバレッジ2倍が上限値となっています。

現時点でレバレッジ上限を4倍としている国内の業者も、法改正で将来的には2倍が上限となります。

このとおり海外業者vs国内業者で比較すると雲泥の差なので、レバレッジをかけて取引したい場合はbybitを利用しましょう。

bybitのレバレッジの種類は?

bybitではクロスマージンと分離マージンの2種類のレバレッジ取引があります。

先にそれぞれの特徴を表で比較します。

レバレッジ種別クロスマージン分離マージン
倍率100倍固定1〜100倍まで自由に設定可能
リスク大きめ小さめ(限定的)
証拠金の扱い口座の全額が証拠金口座残高から証拠金を分離可能
ロスカット時の流れ口座残高ゼロ(損失が大きい)分離した証拠金のみ失う(損失が限定的+追証なし)
扱いやすさシンプル設定が必要

クロスマージン

クロスマージンは口座の残高をすべて証拠金として使う方法で、最優先されるのは「ポジションの維持」です。

分離マージンと比較すると、仮に激しい値動きがあっても証拠金が大きくなるためロスカットまで行かずに耐えられる可能性もアップします。

これにより、大きな利益を狙えます。反面、精算(ロスカット)となると残高を全て失う可能性があります。

bybitではクロスマージンが初期設定されているため、確認せずそのまま取引すると残高を失う可能性があるので要注意です。

分離マージン

分離マージンは「口座残高から事前に設定(分離)した資金のみ」を証拠金にして、約定ポジションの維持を行う方式です。

証拠金=口座残高すべてのクロスマージンとは異なり、分離マージンでは証拠金の範囲を限定しています。ゆえに、ロスカット時にも口座残高をある程度残せます。

ここで、bybitの計算ツールを使用して分離マージンでのロスカット時の損失がどれほど限定されるのか確認してみましょう。

想定条件
  • ポジション:ロング
  • 1BTC:30,000ドル
  • レバレッジ:25倍

bybitの計算ツールは取引画面の右側(画像矢印部分)をクリックすると開けます。

まず画像のとおり、計算ツールの強制決済価格タブをクリック→レバレッジ・契約数・平均参入価格を入力すると強制決済価格が導き出せます。

続いて強制決済価格を、利益/損失タブで入力すると損益額が計算出来ます。

結果、上記の条件ロスカットが発動すると損失は-0.03500025BTC(保有ポジションの1/25:約1,200ドル)に限定されます。

同様にレバレッジ100倍だと、29850.74ドルがロスカットラインとなり、ここを割り込むとロスカット発動となります。このときの損失は-0.00500021BTC(保有ポジションの1/100:約300ドル)に限定されます。

このように分離マージンは損失をあらかじめ限定出来るためリスク管理もしやすく、初心者の方にも向いています。

【実践編】bybit(バイビット)のレバレッジの設定&変更方法|画像付き

bybitのレバレッジ設定&変更方法について、分かりやすく画像付きで解説していきます。

bybitのレバレッジ設定画面はログインしないと見られません。解説をより理解するために、今のうちにbybitに登録しておきましょう。

クロスマージンのレバレッジ設定方法

クロスマージンのレバレッジ設定方法について解説します。

  1. STEP

    取引画面の表示

    bybitにログイン後、取引画面を表示します。続いて画像のとおり、レバレッジ設定画面に目をやりましょう。

  2. STEP

    クロスマージンを選択

    ここではクロスマージンを選択してください。

    初期設定はクロスマージンです。

    なお、画像のようにクロスマージンは口座残高を全額証拠金として使いますので、倍率は100倍に固定されます。

    クロスマージンの設定はここで完了です。

分離マージンのレバレッジ設定方法

分離マージンのレバレッジ設定方法について解説します。

  1. STEP

    取引画面を表示

    bybitへログイン後、取引画面を表示します。続いて、レバレッジ設定部分をクリックします。ここまではクロスマージンと同様です。

  2. STEP

    分離マージンを選択

    レバレッジを分離マージンに設定します。

  3. STEP

    レバレッジを設定する

    画像赤枠のバーを移動させて、希望するレバレッジを設定してください。

    これで分離マージンでのレバレッジ設定が完了しました。

bybit(バイビット)の最大レバレッジを他社と比較してみた結果

bybitと他の仮想通貨取引所の最大レバレッジを比較してみました。

今回は海外の有名な仮想通貨取引所のうち、特に日本のユーザーが多い以下の業者について比較しています。

結論から言えば、bybitよりもレバレッジ倍率が高い業者は存在します。

ただし、日本語サポート・安全性・使いやすさが揃ったbybitが一番おすすめです。

今回はBTC/USDで比較しています。

取引所名最大レバレッジ比較コメント
bybit100倍日本語サポートが充実クレカ入金OK
バイナンス125倍bybitと同等の条件
CryptoGT500倍自由度が低く上級者向け
FTX101倍日本語サポートなしKYC厳しめ
Huobi2.0倍国内業者と同じ条件
Bittrexなし現物取引のみでレバレッジ不可
Bitterz888倍最高水準のレバレッジだが上級者向け
OKEx10倍レバ10倍日本語サポートがないためbybitの圧勝
Bitfinex10倍日本語サポートなし
POLONIEX2.5倍日本語サポートなし
【番外編】BitMEX100倍日本ユーザーの登録不可

bybit(バイビット)のレバレッジに関する疑問への回答

最後にbybitのレバレッジに関して、よくある質問に答えていきます。

レバレッジの計算方法を教えてください。

レバレッジは以下の計算式で導き出せます。

レバレッジ

取引金額÷投資資金

例えば、「1BTCの価格が30,000ドルで、投資資金が3,000ドルに対して1BTCのポジションを保有する場合」、30,000÷3,000で10倍となります。

レバレッジ倍率はどこまで細かく設定できますか?

「3.14」、「10.25倍」といった具合に、小数点第2位まで設定可能です。
ここではレバレッジを細かく設定可能な分離マージンで設定方法を解説します。

  1. STEP

    レバレッジ設定画面を開く

    bybitへログイン後、レバレッジの設定画面を開きます。続いて「ポジションレバレッジ」という欄が表示されていることを確認してください。

  2. STEP

    倍率を手動入力する

    希望するレバレッジ倍率を入力します。

    「ポジションレバレッジ」を上の画像で指し示した部分に直接数字で入力してください。バーを移動して設定すると、小数点なしの倍率しか設定できません。

  3. STEP

    レバレッジを確定する

    最後に設定したレバレッジを確定するため、確定ボタンをクリックしてください。

    この3ステップでレバレッジを細かく設定可能です。

初心者の場合、レバレッジ倍率はどのくらいが適正でしょうか?

最初のうちはリスクヘッジとしてハイレバレッジ取引を避け、国内のレバレッジ基準の2倍~高くても4倍を上限値としてトライしてみましょう。

ある程度慣れてきたら、徐々に5倍、10倍、25倍など倍率を上げていきましょう。

レバレッジ取引を実践形式で練習する方法はありますか?

bybitの「テストネット」を活用すれば練習可能です。

テストネットとは

いわゆるデモ取引のこと。
実際のチャート・取引画面を使い、本番さながらの練習が可能。
なお、架空の資金を使うのでユーザーの資金は変動しない。

テストネットでレバレッジ取引を練習した後、本番環境への移行を推奨します。

bybitの高レバレッジ取引で負けたら、どうなりますか?

結論から言えば、bybitはゼロカットシステム採用のため追証は発生しません。

つまり、資金がマイナスになったり、借金を負うことはありません。

クロスマージンの場合は、強制ロスカットの際に口座残高すべてを失うリスクがあります。

分離マージンを利用している場合は仮に高レバレッジ取引で負けたとしても最初から証拠金を分離して充てているため、資金の保全が可能です。

レバレッジを途中で変更することは出来ますか?

結論、可能です。

bybitの場合は仮にオーダーを出した後であってもレバレッジの変更が可能です。

取引画面左側の「レバレッジのバー」を左右に移動するだけで、簡単にレバレッジが変更できます。

ただし「分離マージンでレバレッジを大きくした場合」は証拠金の追加が必要となりますので注意が必要です。

まとめ

bybitはBTC/USD取引の場合、最大100倍のハイレバレッジにチャレンジ可能です。

仮想通貨取引は値動きが急激かつ大きいケースも多いため、その分だけチャンスも広がります。

関連記事