$BITと$USDTがもらえるイベントの詳細はこちら!

Bybit(バイビット)のサブアカウントとは?【作成方法や活用事例を解説】

5 min

海外の仮想通貨取引所のなかでも、日本人のユーザーから注目を集めているbybit。

そんなbybitでは、メインアカウントとは別にサブアカウントを作成できるのをご存知でしょうか。

サブアカウントを使えばトレード手法の幅が広がり、資産やリスクの管理もより簡単になります。

そこで本記事では、bybitでサブアカウントを作成する方法や、サブアカウントの活用方法を紹介

記事を読めば、bybitのサブアカウント作成方法やメリットがわかり、トレードにも活用できるので、ぜひ参考にしてみてください。

bybitのメインアカウントがあると、よりスムーズにサブアカウントが作成できます。
3分ほどで完了するので、先に登録を済ませておきましょう。

bybitのサブアカウントとは

bybitのサブカウントとは、1つの登録情報で複数のアカウントを作成できるサービスのことです。

メインアカウントとして登録している電話番号やメールアドレスはそのままの状態で、bybit内に別のアカウントを持てます。

サブアカウントは、bybit内の各メインアカウントに最大20個まで作成可能です。

サブアカウントにはいろいろな活用方法があり、うまく使いこなせばトレードの手法や戦略の幅がより広がります。

bybitのサブアカウントの作成方法&有効化の手順

それではさっそく、bybitのサブアカウントの作成方法と有効化の手順を紹介します。

  1. STEP

    サブアカウントを作成

    まずはbybitのトップページを開き、ページ上部にあるユーザー設定の項目から「アカウント&セキュリティ」というボタンをクリックしましょう。

    自分のアカウントページに移るので、ページ上部にある「サブアカウント」をクリック。

    サブアカウントページを開いたら、「今すぐ作成する」というボタンが表示されるのでクリックしましょう。

    そうすると、以下の画像のようにサブアカウントを作成するために必要な登録情報の画面が表示されるので、すべて記入します。

    必要事項を入力して「確定」を押したら、サブアカウントの作成は完了です。

  2. STEP

    サブアカウントの有効化

    サブアカウントが作成できたら、続いてアカウントを有効化させる必要があります。

    bybitに登録しているメールアドレスに認証コードが届くので、そのままコピーしましょう。

    コピーしたコードを貼りつければ、セキュリティが認証されます。

    これでサブアカウントの有効化も完了です。

  3. STEP

    サブアカウントへのログイン方法

    次に、メインアカウントからサブアカウントへのログイン方法を紹介します。

    まずはサブアカウントを新規作成したときと同じように、bybitの「アカウント&セキュリティ」の画面から、サブアカウントのページを開きましょう。

    するとページ右側に「ログイン」というボタンがあるのでクリックします。

    ログインするかどうかの確認画面が表示されるため、「確定」を押しましょう。

    ここで先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」のボタンを押せばサブアカウントへのログインが完了です。

  4. STEP

    サブアカウントからメインアカウントへ切り替える方法

    サブアカウントからメインアカウントに切り替える際は、一度サブアカウントをログアウトして、メインアカウントへ再度ログインし直す必要があります。

    まずはbybitのページ上部にあるアカウント設定から、「ログアウト」のボタンをクリックしましょう。

    すると通常のログイン画面が表示されるので、bybitのメインアカウントに登録しているメールアドレスとパスワードを入力します。

    あとはログインボタンを押せば、メインアカウントへの切り替えは完了です。

bybitのメインアカウントを持っていない人は以下のボタンより登録できます。
登録は無料です。

bybitのサブアカウントの活用事例

bybitでサブアカウントを作成する方法がわかったところで、サブアカウントにはどんな活用方法があるのか紹介します。

トレード方法の使い分けができる

bybitのサブアカウントを活用すれば、トレード方法の使い分けができます。

実はbybitでは、BitCopyなどのコピートレードツールと連携させることで、コピートレードや自動売買が可能です。

そのため、メインアカウントでは自分の判断で仮想通貨の売買を行い、サブアカウントではコピートレードを行う、といった使い方ができます。

もしメインアカウントで損失が出たとしても、サブアカウントで利益を出せばメインアカウントの損失を取り返せる可能性も。

もちろん自動売買やコピートレードのほかにも、自分の好きなトレード方法で使い分けもできます。

たとえば、メインアカウントでは仮想通貨の現物取引をして、サブアカウントではレバレッジ取引をするなど。

1つのアカウントで複数のトレード方法を使い分けていると、複雑で分かりづらくなってしまいますよね。

しかし、メインアカウントとサブアカウントのそれぞれを別のトレード方法で分ければ、利益の計算や資産の管理もしやすくなります。

利益を確保しておきたいときに別で管理できる

bybitで一定額の利益を確保しておきたい場合も、サブアカウントがあると便利です。

bybitでは証拠金を使ってレバレッジ取引を行う際、1つの取引に対して、クロスマージンと分離マージンという2種類の証拠金モードを選べます。

クロスマージンはロスカットを回避するために、口座残高にあるすべての資産を、証拠金として自動的に補充する機能のことです。

一方の分離マージンは、口座残高にある資産と、ポジションに利用する証拠金を別で管理する機能のこと。

たとえば、bybitのメインアカウントに1BTCを保有していると仮定しましょう。

そのままの状態でクロスマージン取引を行うと、保有している1BTCすべてが証拠金として使われます。

クロスマージンでのトレードは、最悪の場合すべての証拠金を失うことになるので、ハイレバレッジで取引するのはかなりのリスクになりますよね。

しかし、サブアカウントがあれば1BTCのうち0.5BTCをサブアカウントに振り替えておくなど、確保しておきたい利益を別で管理できます。

この状態なら、万が一メインアカウントのクロスマージン取引で損失が出たとしても、サブアカウントにある0.5BTCは無傷のままです。

つまり、サブアカウントを使って手持ちの資産を分散させておくことで、すべての資産をなくさないよう資産管理ができます。

別の口座を使って資産の管理もできますが、サブアカウントのほうが送金スピードが早く手数料もかからないので簡単です。

両建てによるトレードも可能

bybitのサブアカウントは、両建てによるトレードにも活用できます。

両建てとは、1つの取引に対して買い注文と売り注文、両方のポジションを持つこと。

相場が上がっても下がっても利益が相殺されるため、リスク回避に役立つトレード手法の1つです。

両建ては「ヘッジ取引」ともいわれますが、bybitでは「USDT無期限契約」というトレードモードだと、両建てによるトレードを行えます。

たとえば、銘柄を購入したときよりも価格が上がった時点で「買い注文」を決済し、そのあと価格が下がったときを見計らって「売り注文」を決済すれば、大きな利益が出せますよね。

1つのアカウントで両建てトレードをしても問題ありませんが、メインアカウントとサブアカウントを使って細かくリスク回避をすることで、より大きな利益が期待できます。

上級者向けの手法ではあるものの、仮想通貨のトレードに慣れてきた人は、こうした使い方も試してみるといいでしょう。

bybitのサブアカウントを活用して、より快適に低リスクなトレードをしましょう。

bybitのサブアカウントに関するよくある質問

ここからは、bybitのサブアカウントに関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

bybitでサブアカウントを使うにあたり何か疑問や不安のある人は、こちらも参考にしてみてください。

サブアカウントに最低必要残高はある?

サブアカウントに最低必要残高はありません。

少額でも問題なくサブアカウントの資産として保有できます。

サブアカウントでAPIは利用できる?

bybitはサブアカウントでも、APIを利用できます。

APIの詳しい設定方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

サブアカウントの作成や利用に手数料は必要?

サブアカウントの作成や利用に手数料は一切かかりません。

サブアカウントを維持するのにも手数料はかからず、すべて無料で利用できます。

サブアカウントを作成したあと、削除はできる?

残念ながら、サブアカウントを作成したあとに削除する方法はありません。

サブアカウントを作成できる数は最大20個までと制限があるので、必要のないサブアカウントは作らないよう注意しておきましょう。

サブアカウントでキャンペーンやトレードバトルに参加できる?

サブアカウントを使ってキャンペーンやトレードバトルへの参加はできません。

キャンペーンやトレードバトルに参加できるのは、メインアカウントのみです。

サブアカウントで紹介プログラムは利用できる?

サブアカウントでは、紹介プログラムの利用はできません。

紹介プログラムを使って登録できるのは、メインアカウントのみです。

まとめ

bybitのサブアカウントはトレード方法の使い分けや、利益を確保しておきたいときに別で管理するといった使い方ができます。

仮想通貨トレードの上級者であれば、両建てによるトレードに活用することも可能です。

登録も簡単なので、リスクや資産の管理をより徹底したい人は、サブアカウントを作ってみるといいでしょう。

関連記事